Oasistブログ

自然言語、プログラミング、ライフハックを主に特集

英語学基礎 Vol.3 - 英語の語彙①(複合語、派生語、借用語)-

f:id:oasist:20190104221146j:plain
英語

目次

1. 複合語

新しい語彙を作り出す方法の一つとして、既存の2つ以上の言葉を組み合わせる方法が挙げられる。
現代英語では消えつつあるが、この手法は英語、ドイツ語、オランダ語等のゲルマン語派において歴史的に採られていた。

1-1. 例

1-1-1. 名詞

単語 要素1 要素2 意味
yellow jacket yellow jacket スズメバチ
redneck red neck 〔米俗・軽蔑的〉レッドネック、〔無学の白人〕労働者
butterfingers butter fingers 不器用な人
greenhouse green house 温室
airport air port 空港
warehouse ware house 倉庫

1-1-2. 形容詞

単語 要素1 要素2 意味
easygoing easy going 気楽な、鷹揚な
eye-catching eye catching 人目を引く、目立つ
diehard die hard 頑強に抵抗する、最後まで自分を曲げない
old-fashioned old fashioned 時代遅れの
self-employed self employed 自営業の
open-minded open minded 心の広い、偏見のない

1-1-3. 動詞

単語 要素1 要素2 意味
underestimate under estimate ~を過小評価する
handwash hand wash ~を手で洗う
sweet talk sweet talk ~をおだてる、甘言で騙す
spoon-feed spoon feed ~を甘やかす、過保護に扱う

2. 派生語

もう一つの新しい語彙を作り出す方法は、既存の言葉に接辞を付加して品詞転換させることだ。
接辞には接頭語と接尾語がある。

2-1. 例

2-1-1. 接頭語

単語 意味 接頭語 接頭語の意味
antivirus 抗ウイルス性の anti- 反対の、抵抗力のある
exceed ~をしのぐ、超える ex- (範疇の)外側へ
incomplete 不完全な in- ~でない、無しで、欠けている
unhappy 不幸な、嬉しくない un- ~の状態でない
prepare 備える、準備する pre- あらかじめ、~の前に
reply 返事する、折り返す re- もう一度、新しい
despair 絶望する de- 下に、離れて
misunderstand ~を誤解する mis- 謝って

2-1-2. 接尾語

単語 意味 接尾語 接頭語の意味 品詞転換
washable 洗浄可能な -able ~出来る 動詞 → 形容詞
protection 保護 -ion 動詞の語尾に付与して名詞を構成する 動詞 → 名詞
singer 歌手 -er (能動的に)~する人 動詞 → 名詞
impressive 印象的な、感動的な -ive (動詞の語尾に付与して名詞・形容詞を構成し)~の傾向がある、性質がある 動詞 → 形容詞
beautiful 美しい -ful (名詞の語尾に付与して形容詞を構成し)~で満ちている 名詞 → 形容詞
hopeless 望みのない -less (名詞の語尾に付与して形容詞・副詞を構成し)~がない 形容詞 → 副詞
slowly ゆっくりと、徐に -ly 形容詞の語尾に付与して副詞を構成し、程度を表す 形容詞 → 副詞
happiness 幸福 -ness (形容詞の語尾に付与して名詞を構成し)状態を表す 形容詞 → 名詞

3. 借用語

英語はこれまで世界中の言語から非常に多くの語彙を取り入れてきた
英語は歴史的にブリテン島に様々な民族が侵略した際、また大英帝国の勢力が席巻した際に外国語と衝突を起こし、その過程で新たな語彙を獲得した。

2音節以上からなるラテン語、フランス語は英語の語彙の全体の50%以上を占めている。
これらの借用語は日常会話でも使われている。

3-1. 例

起源 特徴 単語 意味
ラテン語 科学技術、宗教、文学の専門用語に多い
minister 大臣
priest 聖職者、司祭
clerk 事務員、販売員、書記官、判事、聖職者
consecrate ~を奉献する、(ミサでパンとワインを〕聖別する
anthem 賛歌、交唱歌
fact 事実
fragile 脆い、ひ弱な、壊れやすい
separate ~を分離する; 分離した
estimate ~を概算する、見積もる; 見積り
chest 胸、肺
spend ~を費やす
フランス語 日常語から専門用語まで多岐に渡る
country 国、地方
fruit 果実、成果
poor 貧しい、乏しい
peace 平和、友好
nice 良い
safe 安全な
dress ~を身に着ける; 衣服
スカンディナヴィア語 英語の中心となる語彙
they 三人称・複数・主格の代名詞
their 三人称・複数・所有格の代名詞
them 三人称・複数・目的格の代名詞
law 法律
take ~を取る
get ~を得る
sky
window
die 死ぬ
call ~を呼ぶ
cast ~を投げる
want ~を必要とする
オランダ語 - yacht ヨット
ギリシャ - melon メロン
中国語 - tea
アラビア語 - orange オレンジ
スペイン語 - cigarette タバコ
日本語 - hara-kiri 腹切り、切腹

4. まとめ

  1. 複合語: 既存の2つ以上の言葉の組み合せて生まれた語
  2. 派生語: 接辞を付与して品詞転換によって生まれた語
  3. 借用語: 世界中の言語から取り入れた語

5. 参考文献

  • 菊池清明・唐沢一友・小池剛史・堀田隆一・福田一貴・貝塚泰幸・松崎武志、『英語学:現代英語をより深く知るために-現代英語の諸相と英語学術語解説-』大阪府、浪漫書房、2008年
  • Oxford English Dictionary - 最終アクセス日: 2019年09月01日